大学生のころの話です。当時自分は就職活動中でした。

群馬から東京の大学に出てきて、東京に一人暮らしをしていました。就職を群馬でしようと思っていたため、東京と群馬を週何回も往復しなければなりませんでした。

一回当たり往復2000円程度かかり、多い週では三回ほど、東京と群馬を往復していました。

当時大学生だった私は、アルバイトでの収入と奨学金を頼りに生活をしていました。

しかし、4年生になり成績不振による卒業延期が確定すると奨学金が停止されてしまったのです。

月々の収入は半分以下になりました。親からの仕送りもなく、貯金もしていなかったため過去にないほどの金欠生活を送ることになりました。