私がお金にとても困ったのは、大学生の時でした。家は、自営業をしていたので、景気が良い時はとてもいい生活が出来たのですが、どうしても景気が悪くなると、生活がとても苦しい月も何度もありました。

そして、私が大学生になって、3年目の時に、今まで経験したことがないくらい、景気が悪くなってしまったようなのです。

親は私に大学の学費を払うことが難しくなってしまったので、なんとか自分で払ってほしいと頼んできました。私は、大学を辞めてしまおうか悩みました。

でもせっかく受験勉強もがんばって、2年間通ってきた大学を辞めてしまうことは出来ませんでした。一人暮らしで通っていたので、家賃や生活費もあったのでとても大変だと思ったのですが、バイトを頑張ろうと決めました。

奨学金をもらいながら大学に通いました。時給が良いアルバイトで効率よく稼ぎたかったので、どんな仕事でもやりました。バイトで稼ぐのは、生活費を稼ぐためでした。親から仕送りは期待できなかったので自力で稼ぐしかなかったのです。

そして無事大学を卒業して、働くようになりました。働きだしてきちんと奨学金も返済出来ました。これからは堅実に働いて親を助けてあげたいと思っています。